デュラララチャット(仮)なりきり雑談掲示板

なりきり参加者で雑談を行うための掲示板です。利用規約及び社会の基本的なルール、マナーをお守りください。愚痴スレッドの作成は一旦禁止とさせていただきます。

  • 物語を好きなように続けルォ!2

    山田
    No.1077854
    [編集/削除]

    よぉ!山田だ!前は散々な目にあったけどまぁ、おかげでこの世界でも佐藤と知り合って友達になる事が出来た。前回同様俺をよろしくな!

    山田(20)は佐藤と家でゲームをしている

  • ウギョー
    No.1077870
    [編集/削除]

    突然家のインターホンが鳴りドアを開けるとそこにいたのは宗教勧誘の人だった

  • 名無し
    No.1077872
    [編集/削除]

    その時、突然狂った佐藤に後頭部をめった打ちにされた

  • 名無し
    No.1077970
    [編集/削除]

    俺はそのまま意識を失った 目を覚ますと俺は

  • 名無し
    No.1077978
    [編集/削除]

    真っ白な空間にいた。そこには佐藤も。

  • 名無し
    No.1078004
    [編集/削除]

    「ここ、は?」おれはそう呟く

  • 兵士A
    No.1078026
    [編集/削除]

    気がつくと俺と佐藤は 江戸時代にタイムスリップしていた

  • 名無し
    No.1078067
    [編集/削除]

    なぜか江戸で俺は織田信長と呼ばれ、佐藤は武田信玄と呼ばれていた

  • 名無し
    No.1078141
    [編集/削除]

    俺達…タイムスリップしたんだよな…?

  • 名無し
    No.1078190
    [編集/削除]

    佐藤はパニックになりどこかへ走り去ってしまった。

  • バブー太郎丸
    No.1078252
    [編集/削除]

    佐藤「お、俺が…武田信玄…?どういう事だ…?あいつが織田信長…?そうか…これは夢だ…夢なら好き勝手にやっても…良いよね…」

    佐藤は闇落ちしました♡

  • 名無し
    No.1078298
    [編集/削除]

    そんなこともつゆ知らず、俺は信長として動き始めた。

  • 名無し
    No.1078324
    [編集/削除]

    信長(山田)「佐藤見つけて佐藤と一緒にうどんでも食うかな…」(少し落ち込んでいるが気晴らしにうどんでも食べようと思う)

  • 名無し
    No.1078425
    [編集/削除]

    しかし驚いたことに武田信玄こと佐藤がなんとうどん屋を開業していた

  • ななしん
    No.1078533
    [編集/削除]

    俺は不条理を嘆かずにはいられなかった。

    「信玄なら…信玄ならっ!ほうとうじゃねぇのかよっ!なんでうどんなんだよぉぉぉぉっっ!!」

  • めんたいぴりり
    No.1078891
    [編集/削除]

    うわぁぁぁぁぁぁぁと叫びながらうどん屋に入ったそうすると客の顔面にそばを飛ばしている佐藤の姿が…

  • 紫陽花
    No.1078914
    [編集/削除]

    俺は混乱した。「うどんじゃねえのかよ…」そして佐藤とともに客の顔面にそばを飛ばした。

  • しょうゆうどんがあって良かった
    No.1078938
    [編集/削除]

    だがその客は高木であった

  • abbbbaaaaaaaaaaaaaaaaaaa
    No.1078950
    [編集/削除]

    だが俺は気づくことが出来ずに蕎麦を飛ばし続ける。
    いつの間にか、蕎麦がきれてしまった

  • 名無し
    No.1078965
    [編集/削除]

    まぁうどん屋なので何にも問題は無かった
    悪いのは高木だ 俺達のそばを避けなかった高木が全て悪い

  • Oreeeeeeeeeeeeeeee⁇
    No.1078975
    [編集/削除]

    と、そこに元凶のコンビニに居たコンビニ店員が美女と共に現れた

  • 名無し
    No.1078985
    [編集/削除]

    俺は思わずうどんを投げてしまいそうになったがうどんを投げるのだけはやめろ!と佐藤に全力で止められた

  • KONDOOOOOOOOOM
    No.1078993
    [編集/削除]

    コンビニ店員は佐藤に感謝しながら佐藤を美女バットでボコボコにしたぜェ!

  • 医学🧪
    No.1079003
    [編集/削除]

    そこで高木が立ち上がり佐藤を庇いました。

  • 名無し
    No.1079089
    [編集/削除]

    高木「佐藤…お前は…生きろ…」
    高木は光となって消えていきその場所には高木に投げつけたそばだけが残っていた

  • AKUME
    No.1079148
    [編集/削除]

    佐藤「ウソだろ、高木……高木イイイィィィィィ!!!!」
    佐藤は泣き叫んでいたが俺はあまりのクサさに笑いをこらえるばかりであった

  • 名無し
    No.1079274
    [編集/削除]

    高木「さと…う。最後に…一つ。
    お前…が好き…だ」叫んでいる佐藤の脳内にそう語りかけてきた

  • 名無し
    No.1079287
    [編集/削除]

    だが男だ

  • 名無し
    No.1079303
    [編集/削除]

    こいつ…気色悪…

  • 名無し
    No.1079389
    [編集/削除]

    山田「断われ佐藤」

    俺はボソッと佐藤に言った

  • 名無し
    No.1079474
    [編集/削除]

    高木は血に慣れながらもこう言った

    「山田ァ、何を言っている……ふざけるなぁ!そんな世の中でいいのか!男だからって男と付き合えない。そんな世の中で!」

  • 名無ち♡
    No.1079495
    [編集/削除]

    @名無し
    百合は構わん…だが貴様達は駄目だぁ!

  • 名無し
    No.1079520
    [編集/削除]

    佐藤「冷静にキモいからお前達死んでくれ」

    佐藤は正気を取り戻した

  • 名無し
    No.1079945
    [編集/削除]

    その時ずっと火を放置していたから火が大きく燃え火事になった

  • 名無し
    No.1080040
    [編集/削除]

    俺たちは焦った…。どうすればいいか。

    佐藤「あれがあるじゃねぇか。」
    彼の一言で俺のポケットにあれが入っているのを思い出した!

  • 味噌カツ
    No.1080139
    [編集/削除]

    俺はポケットからガソリンを取り出した

  • 名無し
    No.1080464
    [編集/削除]

    火の中にガソリンをかけまくった
    そうするとさらに燃え上がった

  • 名無し
    No.1080470
    [編集/削除]

    何を俺たちはやってしまったんだ…。
    結局消防を呼ぶ羽目になった。

  • 子供絵本
    No.1081574
    [編集/削除]

    しょうぼうの人たちは僕たちに水をかけて遊んでくれました!

  • No.1081576
    [編集/削除]

    勿論のこと、油に水を注ぐと炎上した。

  • 名無し
    No.1081648
    [編集/削除]

    「ちょっと待て…!!こんなに水があるなら…!」
    ナ イ ト プ ー ル パ ー テ ィ ー
    俺達は消防車に乗り込み市民プールへと走った。

  • あかかかかかかかかかかっかかかあかかか
    No.1081761
    [編集/削除]

    興奮して車を走らせていると注意が散漫だったのか運転を誤り何かに激突してしまった。

  • 名無し
    No.1081769
    [編集/削除]

    ナイトプールに向かっていたEXITだった

  • 名無し
    No.1081778
    [編集/削除]

    PONPONパシャパシャー!と言う声が鳴り響く

  • 名無し
    No.1082212
    [編集/削除]

    どうやら江戸にナイトプールが出てきてその弾みでいろんな人間が来ているようだEXITもその内の2人だろう

  • 名無し
    No.1082825
    [編集/削除]

    はぁ、と佐藤がため息をついて2人に茹で卵でトドメを刺した。

  • 名無し
    No.1082841
    [編集/削除]

    おや…?ゆてたまごのようすが…!

  • 名無し
    No.1082886
    [編集/削除]

    おめでとう!ゆでたまごは オムライスにしんかした!

  • 名無し
    No.1083706
    [編集/削除]

    俺たちは何が起こったのかを飲み込むのに時間を費やしていた。

    が…江戸の人々は初めて見る料理に興味津々。程なくしてオムライスを囲むように人だかりができた。

  • 名無し
    No.1085760
    [編集/削除]

    人々は俺(自分)の事を、神様だ、と言い始めた…

    茹で卵は勝手に進化したというのに…

  • 名無し
    No.1085792
    [編集/削除]

    そこで俺はその地位を利用しようと企んだ…。

  • 名無し
    No.1086715
    [編集/削除]

    口の中でふんわりとほどけるオムライスの味は阿片にも劣らぬ、いや、それ以上の依存性を持つ。俺たちはそこに目を付けた。

    この地位より得られる名声は莫大。ならば、やんごとなき身分の者たちの興味だって引けるはずである。

    海の向こうより昇りゆく朝日を指差しながら、俺はただ一言呟いた。

    「……日本の、夜明けぜよ」

    そう、天下幕府の御台所にてそのオムライスを届け、将軍様に献上する。 将軍家をオムライスの下に隷属させる事で倒幕を果たすのだ。

  • 名無し
    No.1086774
    [編集/削除]

    そして1ヶ月が経った

  • 名無し
    No.1086935
    [編集/削除]

    俺は…ひたすらに昇った…行ける所まで…言ったそして俺は今日…ついに

  • 名無し
    No.1086994
    [編集/削除]

    オムライスと化した。

  • オムライス食べたくなった
    No.1087041
    [編集/削除]

    オムライスは佐藤に食べられた。

  • 毒入りスープ
    No.1087066
    [編集/削除]

    佐藤に食べられたその時、勇敢なる者よ現へと帰るが良い… と言う声が聞こえます

  • 名無し
    No.1087328
    [編集/削除]

    その声が聞こえると突然目が覚めた

  • 名無し
    No.1087699
    [編集/削除]

    目を開けると1ヶ月前の現代で俺が佐藤に殴られた玄関だった

  • 名無し
    No.1087709
    [編集/削除]

    「もどってきた…!?」そう呟いた瞬間、俺はまた佐藤に頭を殴られ気絶した。

  • 名無し
    No.1087721
    [編集/削除]

    真っ白な空間にいた。そこには佐藤…そして高木も…
    目を覚ますと俺達は

  • 名無し
    No.1088388
    [編集/削除]

    ビキニを着ていた。

  • 名無し
    No.1088452
    [編集/削除]

    しかもケツ丸出しのどぎついヤツ。マイクロビキニがまぶしい。

  • 名無し
    No.1088482
    [編集/削除]

    「いい男っ」

    聞き覚えのある声だった。

  • 名無し
    No.1088488
    [編集/削除]

    佐藤は何かを察し全力で逃げだした

  • 名無し
    No.1088489
    [編集/削除]

    高木と、俺は取り残された。

    すると声は近くなり……

  • 名無し
    No.1088525
    [編集/削除]

    ようこそと言う声が横で聞こえてきてその後すぐに高木の悲鳴が鳴り響いた

  • 発狂の統一者凡人
    No.1088527
    [編集/削除]

    高木はボタンを押した.............

  • 名無し
    No.1088565
    [編集/削除]

    @発狂の統一者凡人
    すると高木の耳から突然ASMRが流れ出してきた

  • No.1088835
    [編集/削除]

    流れつつもその男がはい、あーん、と高木の穴を犯し続ける

  • 名無し
    No.1088901
    [編集/削除]

    高木はそのまま絶頂した

※記事を編集・削除するためのパスワード